プロはぎりぎりの隙間でも通します。

大型家電について注意

引っ越しの際に大型家電をどうするか悩むところです。

新しいアパートやマンションに引っ越すときは

あんまり気にしないで大丈夫です。

例えば

600リッター近くの冷蔵庫も

アパートの階段が狭くないということだったら

ま、大丈夫なケースが多いと思います。

 

注意が必要なのが2世帯住宅でキッチンが2階のときですね

冷蔵庫をや洗濯機を戸建の住宅の2階に置くときは

配送手数料の割り増しが基本です。

電気屋での購入のとき注意が必要なのが

靴を脱いで家の中にある階段を使って上るときです。

 

これは手数料がかかりますが5000円程度の追加料金で済みます。

 

 

一番危険なケース

 大型家電について注意

特に窓から冷蔵庫を入れるときは

電化製品を納入するのにクレーンがを必要とします。

 

引っ越しのときは引っ越し料金に含まれるので

気にならないと思います。

 

ここが怖いところで引っ越しの搬入を窓から入れたときです。

電化製品の買い替えで家の階段が使えない場合

 

クレーンの料金は5万ぐらいかかります。

 

電気屋さんを苛め抜いて電化製品の料金安くしても

クレーン代金でその努力が無駄になります。

 

ポイントは次回の電化製品買い替えで

  • クレーンを使って搬入と搬出をするのか
  • 階段でできる大きさで引っ越しの前に買い替えるか

 考えておく必要があります。

大型家電は5年から10年で買い替えですから。

 

何年か先に発生する大型家電の買い替えを想定しないといけません。

ソコは引っ越し会社の営業さんもなかなか気が

つかないことかもしれません。

 

ちなみに

 

冷蔵庫の家族向けでつぶしが利く大きさは

横幅60センチなんです。400リッタークラスです。

階段の幅が広いと500リッターいけます。

 

参考までに。